読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I can do it !!~平凡な主婦のアウトプット録~

何も特技のないパッとしない主婦の毎日。効率の良い家事の進め方、健康によい食事作り、生活の中での気づき、本を読んだ感想など。

元名大生『大内万里亜』被告に無期懲役判決!

sponsored link

 

元同級生らにタリウムを飲ませた罪や知人女性を殺めた罪に問われている大内万里亜被告。元名大生の判決が今日行われました。

f:id:kangokyu:20170324145002p:plain

午後2時から開廷したのですが、裁判長は大内万里亜被告に、『理由をしっかり聞いて欲しいから』という理由で主文が後回しになりました。

 

元名大生、大内万里亜被告の判決は、事件を起こした時の責任能力はあったとして、無期懲役が求刑されました。

 

これは筆者も知らなかったことなのですが、大内万里亜被告は、約2年半の間に6つの事件を起こしているということです。

 

大内万里亜被告が仙台市内の高校生の時、同級生2人らにタリウムを飲み物に混ぜ、障害が残るほどの被害を追わせました・・・

 

次に2015年頃、仙台市内のAさんの家に放火したそうです。知人女性の森さんを殺害後、同じお宅(Aさん宅)に2度目の放火をした・・・この時『焼死体が見たかった』とコメントしたとのことです。

f:id:kangokyu:20170324145049p:plain

大内万里亜被告の弁護側は、無罪を主張しているということです。精神発達上の障害、躁鬱病 躁の時に事件を起こしてしまい、当時は善悪を判断できなかった・・・という主張だそうです。

 

こうした精神的な障害を理由にした場合の判決の基準は、次のようなカテゴリに分かれています。

 

★責任無能力なし・・・善悪の判断がつかないので無罪となる。

★心神耗弱状態・・・有罪だが減刑となる場合がある。

★完全責任能力・・・有罪判決

 

大内万里亜被告は無期懲役の判決が下りました。弁護側の主張虚しく、無期懲役となりましたが、被害にあった方々はどのように感じているでしょうか?

 

極刑ではなかったので納得いかない方もいるでしょう。タリウムによって重い障害を負ってしまった方は、二度と健康な体に戻ることはできないのです。亡くなられた女性も二度とこの世に生きることはないのです。

 

大内万里亜被告の裁判中、裁判長より無期懲役の判決を言い渡された時、真っ直ぐ前を向いて動かなかったそうです。

sponsored link

 

 

 

山本裕典のX氏とは誰?名前や画像~パトロン的存在で犯罪歴アリ

sponsored link

 

山本裕典さん(29)の引退報道から数日。さまざまな事実が明らかになってきました。所属事務所を契約解除のなったのは、女性問題やバー経営だけではなかったようです。

 

実は山本裕典さんには、以前からパトロン的存在の男性X氏との付き合いがあったとのこと。そのX氏は、『地面師』。地面師とは長年放置されている土地の登記を無断で書き換え、自身の不動産のふりをし、第三者に売却したりするという。

 

そのX氏と山本裕典さんの付き合いを知った所属事務所側は、何度も付き合いを止めるようにと説得していたが、ついにはX氏にスポンサーを依頼しバー経営を始めたために、契約解除となった・・・

f:id:kangokyu:20170324134506p:plain

パトロンX氏とは?顔画像や名前、逮捕歴の詳細

さて、山本裕典さんのパトロン的存在のX氏とは、いったいどういった素性の方なんでしょうか?

 

つい先日は、江角マキコさんの芸能界引退報道で、お付き合いの深い男性という方がいました。

X氏の正体・・・調べてみたのですが、実名や素性、顔画像などは出てこず、どういった方なのかさっぱりわかりません・・・

 

土地を自分名義にし、登記してしまうということですから、相当の度胸のある人だと推測します。逮捕された過去というのも、もしかするとそうした土地に関連する件で、効率に触れたのかもしれませんね。

 

山本裕典さんは、芸能界に入った時の2005年は俳優業に真剣に取り組んでいたそうです。素行が悪くなるまでの話のようですが・・・・彼のアメーバブログは削除されており、ツイッターは2015年以降アップされていません。

 

山本裕典さんのインスタグラムはないようで、ハッシュタグのついた山本さんに関する投稿のみでした。(もしかしたらご本人のがあるのかも?)

 

とにかく、山本裕典さんは事務所側の説得も聞かず、X氏との付き合いをやめませんでした。せっかく俳優としてノッていたのに、勿体無い。。。と成宮寛貴さんの時と同様に思います。

 

パトロン的存在のX氏。山本裕典さんには『父親』のような感じだったのかもしれませんね。精神的なつながりだったら良かったのでしょうけど、お金やその他のことが絡み合うと複雑になってくるようです・・・・

sponsored link