I can do it !!~平凡な主婦のアウトプット録~

何も特技のないパッとしない主婦の毎日。効率の良い家事の進め方、健康によい食事作り、生活の中での気づき、本を読んだ感想など。

リュックの『楽』さを再確認!大人リュックを選ぶ時の3つのポイントとは?

リュックっていうと、なぜか小学校の時の遠足とか登山を思い浮かべる私。最近では通勤の時もプライベートの時もリュックが欠かせなくなってしまいました。少し前までは、ボディバック(斜め掛けワンショルダーバッグ)を愛用してたんですが、あのタイプって荷物が重いと紐が肩に食い込んで肩が凝るんですね(^^;

 

今の職場、自分の駐車場から歩いて、8分ほどあるので、どうせ歩くなら、楽しく歩いてみよう!!と思って、両手の自由が効くリュックにしてみたんです。

sponsored link

 

 

あと、防犯面ですね。どうやら夕方になると『ひったくり』も出没するという噂を聞き、リュックでがっちり固めてれば、ひったくる気にならないだろう・・・という勝手な推測なんですが(笑)

 

そう、リュック通勤だと、両手が楽だし、少々重い荷物でも軽く感じるから不思議です。人間の中心に重い荷物が位置することで、『重み』を感じなくなるからなんですよね。

f:id:kangokyu:20160105222425j:plain

 そんな快適なリュック通勤を楽しむため、リュックを選ぶ時のいくつかのポイントがあります。

 

大人リュックを選ぶ時のポイントその1

素材に注意して選ぶ

子供っぽいリュックだと、ナイロン素材が多いですね。もちろん大人っぽく見えるリュックであれば、ナイロン素材でも大丈夫ですが・・・

 

リュックをしょって、子供っぽくならないためには、なるべくなら革素材か合成革を選びましょう。合成革でもリュックによっては、なかなかゴージャスにみえるリュックがあります。

 

大人リュックを選ぶときのポイントその2

肩紐が細すぎないリュックにする。

肩紐が細い大人リュックもかっこ良いし、スタイリッシュなのですが、いかんせん肩紐が細いと肩に食い込み、肩こりの原因になります。なるべくなら、細すぎない肩紐のリュックを選び、快適に行動できるようにしよう!

 

大人リュックを選ぶ時のポイントその3

自分のファッションに合った雰囲気のリュックを選ぶ。

その1で、ナイロン素材のリュックは子供っぽい、と書きましたが、カジュアルなファッションにはナイロン素材のリュックも合いますし、アクティブ系のファッションの方なら、ナイロン素材のOUTDOORのリュックなんてすごく可愛いですよね。個人的には好きです。

 

私の場合、事務職でオフィスカジュアルに合うかといえば、ナイロン素材のアクティブなリュックは不釣り合い^^;やはり、革素材でカチッとしたタイプのリュックなら、キレイ目オフィス私服にも合うでしょう。

 

自分のファッションや使い勝手に合うリュックを選んで、両手自由感を味わってみてください!きっとあなたもやみつきになることでしょう。(なお、大人リュックを選ぶ時のポイントは私目線の意見になっています。)

sponsored link