I can do it !!~平凡な主婦のアウトプット録~

何も特技のないパッとしない主婦の毎日。効率の良い家事の進め方、健康によい食事作り、生活の中での気づき、本を読んだ感想など。

どうしてお酒を飲んでしまうんだろう?禁酒で小さな頃を思い出す快適な日々

sponsored link  

 

私は今年44才になります。妊娠中や授乳中を除き、20年以上もほぼ毎日アルコールを飲んできました。アルコールってクセになるらしく、夕方になると『あ!ビールが飲める!嬉しい!』って思ってました。実は昨日も、ビール(発泡酒)を2本飲んでしまったんですが、大人ってどうしてこうもお酒を飲んでしまうんでしょうね?^^;

 

嫌なことがあると飲んじゃう。今日の出来事をパ~っと飲んで忘れちゃいたい!仕事の自分とプライベートな自分を切り替えたいから飲む!

 

いろんな理由がありますね^^;私は、ついこの間までは、理由なんてつけずにほぼ毎日のように飲んでいました。いけないことと知りつつも。。。

 

だけど、40才を過ぎてからアルコールが翌朝にまで残ってしまうように。それからは、仕事の前日は飲まないと決めました。アルコールを飲まないと、翌朝はと~ってもさわかや!本当に調子が良いです!!身体が軽いし、頭もスッキリ。食事もおいしいし、まるで小さな頃に戻ったかのように、身体のどこにも痛みがありません。

 

しかも、アルコール代もかかってないから、経済的にもいいし、身体にも良いんです!どうしてこんなにも身体に良いことを実践しなかったんだろう?と後悔するほどでしたね。

f:id:kangokyu:20160713163748j:plain

 私の中では、『禁酒』という言葉ではなく、仕事の前日は飲まないという『ケジメ飲み』と呼ぶことにしました。お酒って適量がいいし、休肝日だってほしいんですよね^^;

 

大人は嫌なことがあると、お酒を飲んでしまうけど、そんな日がたまにあってもいいのではないでしょうか?暑い日なんて、特にビール飲んじゃいますよね。でも、翌日は禁酒する、というふうにケジメをつけるのがベストです。

 

完璧にお酒を止めたいという方は、徹底してやめてみるのも手ですね。

sponsored link