I can do it !!~平凡な主婦のアウトプット録~

何も特技のないパッとしない主婦の毎日。効率の良い家事の進め方、健康によい食事作り、生活の中での気づき、本を読んだ感想など。

乳がんの痛みはどれくらいか?小林麻央さんの癌のステージと余命

sponsored link

 

小林麻央さんがご自身のブログにて、『癌の痛みで限界を感じて痛み止めを飲んだ時、許されていく感覚がした』という内容をアップしています。癌の痛み、乳がんの痛みは一体どれくらいなのでしょうか?

f:id:kangokyu:20160904174048p:plain

小林麻央さんは、乳がんの闘病を始めて早2年が経とうとしています。(癌と宣告されたのが2014年10月)癌は痛みを感じる時はすでに進行していて、治療が難しい状態になっているとも言われていますが、小林麻央さんはいまどのようなステージなのでしょうか?

 

今年はじめ、小林麻央さんは癌患部から膿が出ていた状態だったそうです。乳がんの場合、患部から膿が出ている状態、癌発覚時にステージIIIb期。小林麻央さんの乳がんの場合、進行性ですから今はステージⅣだと予測されています。

 

井上公造さんのお話では、抗癌剤治療から放射線治療に移行したため、比較的落ち着いた病状になったということです。9月に入ってから麻央さんはアメブロでブログを始めました。麻央さんのブログを拝見しましたが、かつらを試した画像が載っていたり、爽やかに朝目覚めることができた、という記事もありました。

 

画像の麻央さんは、少しお痩せになったかな?という印象でしたが、もしかしたら今電材は、体調が安定していて、今は少しだけ病状が良いのかもしれない、この調子で治療が進めば、良い結果になるかもしれないという気がしましたね。

 

(ここは9月5日加筆)

乳がんの痛みについてですが、一般の乳がん患者さんのブログを拝見したところ、乳がんの痛みというのは、患部に限らないそうです。癌が転移した場合、そうした箇所が痛む場合があるし、背中や腰、足が痛む時もあるということ。末期になった場合、痛み止めは効くことが少ないということも書かれてありました。

 

でも、小林麻央さん、体調が落ち着いたようで、お子さんとお散歩される姿や、お姉さんの小林麻耶さんを気遣う記事をアップされており、とても安心しました(^^)

(加筆ここまで)

 

そう、乳がんは治療によっては、治る癌であって、今や死の病ではないのです。そのために、乳がん検診を受けましょう!早期発見早期治療を目指しましょう!という運動が進められています。早期発見でき、早目の治療が出来れば、乳がんは怖い病気ではないのです。(もちろん他の病も同じです)

 

麻央さんはご結婚なさってから様々なご苦労があったと思います。海老蔵さんの襲撃事件、東日本大震災によって、被爆してはいけないと九州地方に避難したこと、もちろん、梨園の妻としてのたしなみや勉強することもいろいろとあったでしょう。

 

もしかしたら、今までのストレスが乳がんの原因に?とも思いましたが、こればかりはわかりませんね・・・小林麻央さんが快方に向かい、乳がんを克服できれば、と願うばかりです。

sponsored link