読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I can do it !!~平凡な主婦のアウトプット録~

何も特技のないパッとしない主婦の毎日。効率の良い家事の進め方、健康によい食事作り、生活の中での気づき、本を読んだ感想など。

双極性障害によるうつ病ってどんな症状?泰葉さんの復帰と治療について

sponsored link

 

双極性障害によるうつ病とはどのような病気なんでしょうか?うつ病は脳のある部分の器官が病に冒されることで、発症するということは広く知られてきました。一昔前は、『神経質な人がかかりやすい』だとか『精神的に参ってしまうとうつ病になる』などと言われてきました。しかし、いまではうつ病にかかるメカニズムが分かってきて、確固たる原因があって発症するものだと、認識されています。さて、双極性障害とはどんな障害なのでしょうか?

 

双極性障害とは、気分の落ち込みと気分がハイになる2つの症状を繰り返す障害だということです。双極というと、二重人格のような症状かと思いましたが、少し似ているような症状になるようです。

 

実はこの双極性障害、うつ病と密な関係があるということが分かってきたそうです。私が見たサイトでは、うつ病から双極性障害にかかる方が多いとのこと。もしかすると、泰葉さんも、はじめはうつ病にかかっていたのかもしれません。

f:id:kangokyu:20160921173704j:plain

泰葉さんは2007年の離婚後、極度のストレスにて病にかかり、その後はハイの気分が長く続いたということです。プライベートでの離婚問題や自身の悩み事、心配事が重なり、うつ病を発症し、その後 双極性障害を発症したとしたら。。。。なんともお気の毒に感じます。

 

双極性障害は自殺してしまう確立が高いとも言われています。鬱になる時とハイな気分になる時の差が激しいため、本人も心身共にバランスがとれなくなり、自殺へと向かわせてしまうのかもしれません。

 

また、ハイな気分になっている時は、散財してしまい、借金を背負ってしまうなど、周りの人へも迷惑をかけてしまうことがあるようです。そうした最悪の事態を避けるためにも、双極性障害やうつの症状がみられたら、すぐに医療機関の受診と相談をするのが望ましいでしょう。

 

双極性障害は通常のうつ病よりも長い治療期間が必要になるようです。しかし、正しく治療を行えば治る病気です。基本的な治療法は、薬物療法と精神療法があります。薬物療法では、気分安定薬を用い、双極性障害の波を小さく抑え、安定させていきます。その他、抗精神病薬や抗うつ薬、睡眠薬を処方されることもあります。

 

人間は気分が落ち込んでいる時は、なんとも頼りなく小さく見えますが、気分がハイになり、明るい表情をしている時は、本当に輝いて見えるものです。 いずれにせよ、どんな小さなことでも主治医に相談し、正しい診察、治療、処方がされるようにしましょう。日頃から気になる症状をメモしておき、それを主治医に見せるというのもひとつの方法になります。

sponsored link