I can do it !!~平凡な主婦のアウトプット録~

何も特技のないパッとしない主婦の毎日。効率の良い家事の進め方、健康によい食事作り、生活の中での気づき、本を読んだ感想など。

タリウム事件の名古屋女子大生の名前と顔画像、心の闇とコンプレックス

sponsored link

 

名古屋大の元女子学生(21)が知人女性を殺害した事件は2014年に起こりました。その後、劇物の硫酸タリウムを高校の同級生らに飲ませた疑いをかけられます。当時、名古屋大の学生だった犯人、大内万里亜容疑者。正直、私は事件が起きた際に、どんな女の子なのか?顔や容姿は分からなかったのですが・・・・

f:id:kangokyu:20170116180621p:plain

1月16日、裁判員裁判の初公判。大内万里亜容疑者は、殺人や殺人未遂などの罪に問われています。名古屋地裁(山田耕司裁判長)での初公判で、弁護側は「精神障害の影響で責任能力はなかった」と無罪を主張したようです。(精神障害の影響と言えば、責任能力に問われないというのも問題になるのでは?と思います^^;)

 

大内万里亜容疑者は、14年12月に名古屋市のアパート自室で、知人の森外茂子さん(当時77)を手おので殴り、マフラーで首を絞めて殺害した件について。これについては、認めたとのこと。

 

しかし、2012年5~7月、仙台市内の高校にて、同学年の生徒2人の飲み物に硫酸タリウムを混ぜて飲ませ、傷害を負わせた件については否認しているそうです。

 

その後、大内容疑者は、仙台市内の実家から戻った際に殺害した遺体を風呂場に放置したまま、一晩を過ごしたことが分かったということです。

 

大内万里亜容疑者のプロフィールには、【薬品コレクション】が趣味だと書かれています。また、大内容疑者の逮捕前のツイッターには【今日も男と間違われた】というような書き込みがあったそうです。

f:id:kangokyu:20170116180736p:plain

どうやら、大内容疑者は自分の容姿にコンプレックスがあり、世間に恨みを持っているような様子だった風にとれます^^;

f:id:kangokyu:20170324150830p:plain

(笑顔は可愛らしいし、優しそうな学生さんという雰囲気の大内万里亜被告)

f:id:kangokyu:20170324150941p:plain

硫酸タリウムを体内に取り込んでしまうと、どうなってしまうのでしょうか?

 大内容疑者が仙台市の高校、私立聖ウルスラ学院英智高等学校に在学中、同級生の男子に服毒させた件。男子生徒は、その後一時体調が回復したように見え、復学しましたが、視力低下や身体が自由に動かないなどの理由で、特別支援学校での生活を余儀なくされたそうです。

 

硫酸タリウムの平均致死量は大人で約1グラムだそうです。500mgを超えると致命的で、腎臓、肝臓、脳に影響が出るそうです。経口摂取や皮膚に触れた場合はとても危険。有毒性のため、家庭用での使用は禁止され、今では分析用試薬として用いられています。

 

異常性を疑わせる事件内容。大内万里亜容疑者の言動。人が犠牲になっているというのに、弁護側は、精神障害の影響として一部の事件の容疑を認めようとしません。今後の裁判の展開が気になります。

sponsored link

 

爆報フライデー!マネージャーX実名は◯◯。『銀座マダムバラバラ殺人事件』 

 藁人形を女性の家に置いた高校講師がストーカーの疑い

 朴鐘顕は韓国人?講談社編集次長が妻殺害!?