読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I can do it !!~平凡な主婦のアウトプット録~

何も特技のないパッとしない主婦の毎日。効率の良い家事の進め方、健康によい食事作り、生活の中での気づき、本を読んだ感想など。

おかもとまりショック!保育園落選、子供の年齢や収入、旦那の仕事など

sponsored link

 

おかもとまりさんが、お子さんの保育園落選の知らせを受け『ショック』とバイキング番組内で語りました。去年も保育園に落ちた、今年も落選ということで、そうとうショックだったようです(^_^;)えっとぉ、おかもとまりさんの旦那さんは、再婚で連れ子ちゃんがいましたよね?もしかすると、旦那さんの収入や世帯収入が問題で保育園に落ちたのかと。。。。

 

しかし、おかもとまりさんはブログにて詳しく説明しています。

『近くにおばあちゃんも住んでいて、子供を見てもらえるけど、年齢のこともあり今後も任せられるかが心配で、保育園に申し込んでいた』

 

気持ちはわかるんですけどね。。。でも、芸能人の方ってギャランティが半端ないですよね?一般で働く人たちってもっとシビアですよね?^^;フルタイムで働いても、13万円くらいしか手取りのお給料がなくて、シングルマザーで頑張っている人もいるし。

 

筆者の知っている人(シングルマザー、子供二人)は、日中は工場で働いて、夜は回転寿司屋さんで短時間パートしてて、掛け持ち当たり前ですけど?

 

そういう人たちを差し置いて、高収入でありながら、保育園入れて。。。というのはちょっと違うんじゃないかと。

 

確かに子供を安心して産み育てられる社会は素晴らしいです。ベビーシッターさんでもいいんじゃない?おかもとまりさん、それぐらい収入あるでしょう?という声もあるらしいけど、本当に筆者もそう思うけど??

f:id:kangokyu:20170228174255p:plain

しかも、旦那様が作曲家だということで、これはもう一般人とは違いますね。格段に違います。作曲家さんだと、年収1千万円以上は収入があるでしょうね。

 

おかもとさん、お仕事したいのはわかるけど、子育て中は諦めたほうが良さそうよ。。。

 

でも、子育てしながらお仕事するって素敵なこと。しかも、おかもとまりさんは、旦那さんの連れ子さん(8~9才くらい?)を育てながら、次男さん(現在2才くらい?)を出産し、良い家族を築いている。。。

 

世の中が『はい、子育てとお仕事の両立ですね、じゃぁ、お好きな保育園どうぞ』と言ってくれる体制になってくれればいい。ほんと、それが理想。

 

でもさぁ~。。。このご時世のことを考えてみてください。底辺で頑張っている人は、もっともっと切実な悩みを持っていますよ。

 

なんだか文句ばかりになってしまいましたが、一般人と芸能人は違うってこと。公共の電波を使って、自己主張もいいけど、もっと世間全体に目を向けてよね!と正直思いました^^;

塩村文夏のグラビア

テレビ朝日の小川彩佳アナの性格

市原隼人の筋肉美

sponsored link