I can do it !!~平凡な主婦のアウトプット録~

何も特技のないパッとしない主婦の毎日。効率の良い家事の進め方、健康によい食事作り、生活の中での気づき、本を読んだ感想など。

阿部定事件の判決、その後~不可解な最後を遂げた波乱万丈人生

sponsored link

 

阿部定事件といえば、あのおぞましい事件だという印象があります。私は、テレビで阿部定事件が取り上げられた時に、母親に聞いてみたところ『男性を殺めて局部を・・・』ということを聞き(なんという恐ろしい女性なんだろう)と怖くなったことを覚えています。

 

時は明治38年、8人兄弟の末っ子として生まれた阿部定は、裕福な畳店のお嬢様として育った。しかし、定のお母さんのお乳の出が悪かったため、近所の家で『もらい乳』をしながら、その家で育てられたという。

 

阿部定は、両親にとっては孫ほど年が離れていて、本当に猫可愛がりされたという。小学校に入学する前から、三味線や常磐津(三味線と歌の浄瑠璃のようなもの)を習い、近所でも有名な『美少女』として育った。

f:id:kangokyu:20170308164102p:plain

しかし、阿部定は15才を過ぎた頃、大学生に襲われ『清い体ではなくなってしまった』と思い込んだ定は、次第に夜遊びするようになった。17才を迎えたころ、娘の姿を見兼ねた父親に芸者になれといわれ、芸者の道へ進んだ。

 

その後、阿部定は名古屋市議会議員であり、高等学校の校長先生である男性と出会い、お付き合いするようになった。その先生が阿部定の生きてきた道は間違っているといい、定にまっとうな仕事をさせようと、料理屋を紹介し仕事をさせた。

 

そこで出会ったのが石田吉蔵であった。石田の経営する東京中野の料亭・吉田屋にて、定は働き、やがて二人は恋に落ちた。石田には奥様がいたので、不倫関係に・・・

 

そこで、阿部定事件になる、あのおぞましい事件が起きてしまったということです。阿部定事件後、精神鑑定を受けた定は『サディズム』『フェチズム』と判定されました。事件は痴情の末と判定され、懲役6年の刑だったということです。

 

阿部定さんは、本当にお綺麗な人でした。白黒写真を見ても、本当に目鼻立ちの整った美人さん。刑務所で撮られたという写真をみても、警察官(刑事さん?)達もニヤニヤと笑い、なんだか変にでれっとしてますね(^_^;)

f:id:kangokyu:20170308164136p:plain

あらためて、阿部定さんの人生をウィキペディアで読んだところ、本当に波乱万丈な人生だったんだ、と感じました。

阿部定 - Wikipedia

親御さんが、小学校に通わせないなど、然るべき教育を受けさせなかったというのも原因になっていたのかもしれません。阿部定さんは、小学校の頃から男女の意味を知っていたと言われています。いわゆる『おませさん』だったんですね(^_^;)

f:id:kangokyu:20170308164238p:plain

(おばあちゃんになっても美しかった阿部定さん)

明治の頃・・・時代も時代だったのでしょうが、もしかすると阿部定さんは美しい顔の裏側で、精神を病んでいたのかもしれないとも感じました。

 

実は阿部定さんの最後はハッキリしてないそうです。いつ亡くなったのかも、どのようにして亡くなったのかもわからないということです。

痩せていた真剣佑の画像はあの人に似てる!

中村桜州被告は障害アリ?

スマイリーキクチの予告コメント犯人は特定される?

sponsored link