読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I can do it !!~平凡な主婦のアウトプット録~

何も特技のないパッとしない主婦の毎日。効率の良い家事の進め方、健康によい食事作り、生活の中での気づき、本を読んだ感想など。

アニサキスは寿司や生魚から感染するか?症状と予防について

sponsored link

 

お笑いタレントの渡辺直美さんが、アニサキスによる食中毒症状で番組出演を休んでいたことがわかりました。渡辺直美さんは、4月2日、日本語版吹き替え声優を担当した『映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』(4月8日公開)の東京プレミア舞台挨拶に元気な姿を見せてくれました!

f:id:kangokyu:20170404091204p:plain

その会見の場で、渡辺直美さんがアニサキスによって腹痛を起こし、病院に駆け込んでいたことを明かしてくれました。「お寿司を食べたら、アニサキス(寄生虫)が入っていて、食中毒になってしまった」とのころ。

f:id:kangokyu:20170404091544p:plain

(胃壁についたアニサキス:左。内視鏡でアニサキスを除去する画像:右。渡辺直美さんも胃カメラをいれてアニサキスを除去してもらったそうです)

 

渡辺直美さんは、病院に駆け込んだ時、「お腹が痛すぎて病院で泣きました」その様子は、看護師さんも驚くほどひどい状態で、『渡辺直美ちゃんが、泣いてる・・・』という表情をしていたそうです^^;アニサキスが胃に入ると相当な痛みだということですね(T_T)

f:id:kangokyu:20170404091302p:plain

(アニサキスを拡大した画像:アニサキスによる食中毒を予防しましょう |厚生労働省)

アニサキスは渡辺直美さんのように、お寿司を食べたからといって感染するもの?

筆者はお寿司が好きなのですが、今までで一度も感染したことはありません。それもそのはず、厚生労働省では、生の魚を扱う業者や店舗に対して、マイナス20度で24時間以上冷凍保存することを指導しています。

 

私達が、通常の回転寿司屋さんでお寿司を食べる分には、アニサキスには感染しないと思われます。今回の渡辺直美さんは、お寿司を食べたということですが、お店で食べたのかどうかは不明です^^;

 

私達が魚を生で食べる場合、冷凍保存(マイナス20度以下で24時間以上)すると、アニサキスは死滅し、感染予防ができます。

 

また、アニサキスは熱に弱いので、60℃で1分間の加熱で死滅、70℃以上の加熱では瞬時に死滅することがわかっています。

 

アニサキスはもとも魚介類の内蔵に寄生していて、魚介類が死んでしまうと、内臓から体の方に移動してきます。

 

(アニサキス幼虫はサバ、イワシ、カツオ、サケ、イカ、サンマ、アジなどの魚介類に寄生、寄生虫(線虫)の一種。長さ2~3cm、幅は0.5~1mmくらいで、白色の太い糸のよう)

 

生の魚介を調理してすぐに食べたい場合、お刺身や生の魚介を使ったカルパッチョなどを調理する際は、内蔵部分が取り除かれている魚介を選ぶか、内臓がついている場合は速やかに取り除いて調理することが望ましいです。

 

スーパーなどでは、内蔵などを取り除いた状態にさばいてくれるところもあるので、お願いしてみるのも良いでしょう。心配な場合は、マイナス20℃以下で24時間冷凍保存してから、自然解凍し調理することがおすすめです。

sponsored link