読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I can do it !!~平凡な主婦のアウトプット録~

何も特技のないパッとしない主婦の毎日。効率の良い家事の進め方、健康によい食事作り、生活の中での気づき、本を読んだ感想など。

木嶋佳苗の母親は死刑のことをどう思っているのか?『常識外れ』との噂も

sponsored link

 

木嶋佳苗のことが連日テレビで報道されています。筆者よりも2才年下の木嶋佳苗さん。美人ではない、おデブちゃん。。。でもすっごく女子力の高い子なんだそうです。なぜに、そんな風に『女らしく』『優雅な雰囲気』を醸し出しているのか?そして、木嶋佳苗の母親との関係性を紐解いてみたいと思います(^^)

 

木嶋佳苗は、北海道中標津町生まれ。小学校3年生の頃、隣町の別海町に移ったが、その後再び中標津町に戻り、高校卒業まで暮らしたといいます。

f:id:kangokyu:20170417140445p:plain

父親は行政書士、母親はピアノ講師、木嶋佳苗が長女で、弟1人と妹2人がいる4人兄弟でした。佳苗もピアノの腕前は素晴らしいらしい。母親の厳しい特訓のおかげでしょうね(^_^;)

 

母親はとても厳しく、佳苗たちにテレビを見せないという教育をしていたようです。小学校の時は、一生懸命に勉強していた木嶋佳苗。中高と成績が良かったのですが、中学の時は『援交』しているという噂が立ったこともあったそうです。

 

ちょうどその時代は、そうした異性を利用してお金を稼ぐなどの、良くない遊びが流行った時期でもあります。木嶋佳苗もそうだったんだと思います。噂って本当のことが多いですから(^_^;)

 

木嶋佳苗は高校卒業と同時に、東京に就職し、その後の事件の始まりともなる罪を犯すことになるのです。(28才の時、オークション詐欺で有罪判決)

 

しかも、その時に木嶋佳苗の両親は離婚しているが、父親は事故で自殺ともとれる死を遂げていたそうです。

f:id:kangokyu:20170417140535p:plain

一方で、母親は木嶋佳苗の取材は一切断っていたそうです。しかし、周りには事件後の裁判が続く中『裁判や拘留で5~10年は大丈夫、生きられる』というような発言をしていたそうです。

 

しかも、木嶋佳苗が東京に出た後は、周りに『娘は東京で大きな事業をしている』という嘘を言っていたそうです。娘も娘なら母親も母親かもしれませんね^^;

 

実の娘がいくつもの罪を犯し、死刑判決で自分よりも早く死んでしまうかもしれない。そうなったことに責任を感じたり、母親として何が出来るかなど考えたりしないのでしょうか?疑問ですね・・・・

 

sponsored link