I can do it !!~平凡な主婦のアウトプット録~

何も特技のないパッとしない主婦の毎日。効率の良い家事の進め方、健康によい食事作り、生活の中での気づき、本を読んだ感想など。

ローラ【事務所トラブル】奴隷契約の内容と文春ロス取材

sponsored link

 

週刊文春がロサンゼルスにいるローラを取材。最近、ローラ本人がツイートしていた【最近、裏切られたことがあって悲しい・・・】という内容の真相に迫りました。

 

【黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない】全世界の人がみているSNSにアップするほど、嫌なことがあったんだ・・・最近ローラがメディアから姿を消したワケは、ここにあるのかな?

 

ロスにいるローラを週刊文春が取材

f:id:kangokyu:20170809104406p:plain

ローラが所属している事務所は、2005年創立の『LIBERA』

ローラの所属事務所は、LIBERA。ダレノガレ明美(27)さんや元TBSアナウンサーの枡田絵理奈(31)さんが所属しています。

 

LIBERAのホームページにはローラの画像も目立つ。。。

f:id:kangokyu:20170809103515p:plain

LIBERAの創業者、代表取締役の羽布津康史(39)さんは、ローラを渋谷でスカウトして事務所入りさせたようです。ローラは当時18才の高校3年生だったようですね。

f:id:kangokyu:20170809103340p:plain

ギャルっぽい、でもとっても色っぽいローラさんのスカウトされた当時の画像

 

LIBERAの社長さんは、羽布津と書いて『はぶつ』さんとお読みするようですね。筆者は今まで聞いたことのない珍しい名字だと思います。

 

ローラと事務所LIBERA社長の確執はココからはじまった

ローラと所属事務所LIBERA社長とのトラブルが出始めたのは、いまから約7年前だったそうです。

 

LIBERA社長、羽布津さんはローラの生活(お付き合いする人やローラに近づく人物)など、ありとあらゆることまで管理していました。

f:id:kangokyu:20170809103824p:plain

まるで、過保護な親のように、でも、ローラにとっては事務所社長から守られてると思ってたでしょう。

 

そりゃ、ローラだったもう子供ではありません。27才の立派な大人の女性です。男性との関係まで管理されることについては、多少『うざいな』と思うこともあったかもしれません。

 

でも、幼少期から家庭が複雑だった彼女にとっては、心配してくれる唯一の人が羽布津さんだったのではないでしょうか?

f:id:kangokyu:20170809103843p:plain

ある男性クリエイターとの交際で社長激怒?

ローラがまだ売れっ子さんだった頃、ある男性クリエイターとお食事に行ったそうです。それを知った羽布津社長が大激怒・・・

 

ローラは必死に『悪いことはしてないから許して!!』と羽布津社長に泣いて訴えましたが、羽布津社長は信じてくれませんでした。

 

ついには、ローラの携帯から家族と事務所以外のアドレスを消去させるなど、エスカレートしていったそうです。

 

激怒した羽布津社長が契約書を持ってローラに迫り・・・・

怒りが収まらない羽布津社長。ある日、契約書を持って自宅まで行き、ローラにサインさせたそうです。

 

その際に、ローラの自宅の壁を殴って穴を開けてしまったというから驚きです・・・ということは、半ば強制的に嫌がるローラを脅して、契約書にサインさせたと予想できますよね・・・

 

その契約書の内容は、芸能界でも異例のものだったといいます。

 

【有効期限2010年7月1日~2020年6月末日の満十年とする】

 

通常のタレントさんの所属事務所との契約期間は、1~2年だそうです。しかも、ローラがさんの契約内容は、10年の契約後も自動的にその後の10年も契約されることになっているとのこと・・・

 

たとえ、その後に事務所に契約解除を申し入れて、他の事務所に移籍しようとしても、約2年間は他事務所と契約禁止という理不尽な規則(?)があるようです・・・・

 

奴隷契約といわれていましたが、こういう内容だったんですね^^;

ローラがかわいそうになってきました(T_T)あんなに健気に頑張ってたのに、どうしてこんなトラブルが起きてしまったんでしょうか?

 

sponsored link